持ち手の新しい処理方法【150501】*制作中

2015-06-18 | Posted in 制作日記Comments Closed 

●持ち手の新しい処理方法【150501】*制作中

みなさん、こんにちは☆
アンティークレースのハンドメイドバッグ Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoです。^^

17日水曜日、近くの映画館がレディースデーだったので、外出ついでに映画を見てきました。
生田斗真くんが主演の『予告犯』。
予告映像を見たときに、「なかなかおもしろそうだわね!」と思っていた映画です(ミステリー、サスペンスが好きなのです。笑)

知的犯罪者と犯人を追う警察との攻防・・・的な話を想像していましたが、ちょっと違いました。
まさか「泣ける」とは思っていなかったので。。。

ストーリーの流れは、最後に「ああ、そういうことなのね!」と筋が通っていてすばらしいと思います。
でも、ちょっとモヤっと感が残ったかなぁ。
TVドラマ『ウロボロス』的な感じ。
「こうまとめるしかないよねぇ・・・」みたいな。=”=

line

さてさて。
今回から、革の持ち手の処理を変えることしました。

全てではなく、バッグの仕様によって変えようと思っています。
ジャンクな仕様が合っているものには、この作業は必要ないと思うので・・・。

右上にあるのが、処理に使う接着剤です。

革の切り口にぬりぬりと刷り込んで、毛羽立ちを抑えるのです。
全てのパーツの縁にぬりぬりぬりぬりぬり・・・。

今日の作業も地味ですみません@(`-д-;)ゞ
少しずつですが、作品としてのクオリティを上げていけたらな~と思っています☆(*´∀`)

line

今日のゆず店長。
ちょっとアンニュイな店長です(ねむいだけ?笑)

●Orange Pekoeの作品が購入できます! WEB SHOPはコチラCreemaさんへはこちらをクリック☆
●Orange Pekoeの作品を手にされたお客さまの声はコチラ

***** ぽちっと応援していただけると励みになります♪ *****

ブログランキング・にほんブログ村へ

***** ご協力ありがとうございましたっ☆(*゚∀゚人゚∀゚*) *****


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »