バッグの持ち手カバーを作ってみる

2015-10-27 | Posted in 制作日記No Comments » 

今日は、バッグの持ち手カバーについてお話しします(*´∀`)

こんにちは☆
アンティークレースのハンドメイドバッグ Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoです。^^

ムスメの部活の朝練が始まって3週間。
毎朝5時起きです。
もともと6時起床だったので、1時間早くなりました。

学生時代からの『夜型人間』なので、早起きはツライ~@
「朝の時間を有効活用するのがいい」とはよく聞きますが、眠いものは眠い! (`Д´)

丸3週間、
家族を送り出した後で朝寝

10時ごろ起き出して、もそもそと家事

気がついたらお昼・・・@(´-ω-)

・・・という、何とも不毛な日々が続いていました。

が!
慣れってコワい ステキ!!

丸3週間目にして、やっと眠気がやわらいできました~♪(*´∀`)
朝からココアなんぞ飲みつつ、パソコンに向かっています(笑)

ちなみに、ムスメに「授業中、眠たくならんの?」と聞いてみたところ、
「全然!(・∀・)」
と言われました。

わが子ながら、「すごいな、おい!(゚Д゚;)」と思ってしまったよ(笑)

*

バッグの持ち手カバーを作ってみる

今日は、ご依頼のあった持ち手カバーを作っているところをご紹介します。

持ち手カバーっていうのは、こういうものですねー。

すべり止めをご希望でしたので、革をカットして肩にあたる部分にすべり止めを。
スエードを使うつもりでしたが、思った色のものを見つけることができず・・・。

お店の方に事情を説明して相談したら、
「革の裏面に毛羽立ちのないものを使うといいですよ」
と教えていただいたのでそうすることに。

プロのアドバイスは適格ですよねー。
なかなかいい感じです☆

手縫いでぐるりと縫い付けます。

1枚革で作ってあるカバーが多いようですが、それはちょっとイヤだったので表裏と2枚の革を重ねています。

表側の革が厚めなので、着脱がしやすいように内側になる裏側の革は少し薄めのものを。
さらに持ち手に沿いやすいように、内側の革のサイズを両側5mmずつ縮めてあります。

こうすることで、かまぼこ状にカーブさせました。
全て手縫いでの作業になります。

縫い終わり!
肩あて部分はこんな感じ。

内側はこんな感じ。

縁の処理をして、ボタンをつければ完成です。

*

プレゼント企画、再び!!

前回のブログにもちょろっと書きましたが、近いうちにプレゼント企画をやります♪

今度は、『メルマガ読者さま限定企画』!
メールマガジンに登録してくださっている方のみ参加することができるプレゼント企画です。

まだ詳細はなーーーんにも決めてませんが、「クリスマスも近いし!!」ということでバッグのプレゼントを考えています☆

応募ページは、メルマガに記載するパスワードがないと入ることができないページにする予定でいますので、ぜひお早めに登録しておいてくださいねっ!
もちろん、初めてさんも大歓迎でーす☆ヾ(≧▽≦)ノ゙

登録フォームはこちらからどうぞっ↓

http://orangepekoelace.com/?page_id=898

*

今日のゆず店長

店長の得意技:『仕事のジャマ』
ダメージ:中(´-ω-)

*
*

今日も読んでくださってありがとうございます!
アンティークレースのハンドメイドバッグ Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoでした♪

●Orange Pekoeの作品が購入できます! WEB SHOPはコチラCreemaさんへはこちらをクリック☆
●Orange Pekoeの作品を手にされたお客さまの声はコチラ

***** ぽちっと応援していただけると励みになります♪ *****

ブログランキング・にほんブログ村へ

***** ご協力ありがとうございましたっ☆(*゚∀゚人゚∀゚*) *****

***** メルマガを始めました☆ メルマガ購読者さまのみにお届けするお得な情報などをお知らせします! *****

登録は↓↓↓コチラから♪

メルマガtitle

***** LINE@の登録はこちらから! SHOPの更新情報・プレゼント企画情報などをお知らせします! *****

タイムラインには、制作状況など「Orange Pekoeの今!」をUPしています♪(*´∀`)

↓↓↓スマホでブログをご覧の方はコチラ
友だち追加数

↓↓↓パソコンでブログをご覧の方は、下のリンク先からQRコードを読み取ってくださいねっ!
http://orangepekoelace.com/?page_id=683

***** ご登録お待ちしてまーす♪ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノ *****


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »