お財布にもなる小型のがま口ポーチ*2006年リバティ

2018-04-28 | Posted in 制作日記Comments Closed 

こんにちは☆
アンティークレースのハンドメイドバッグと雑貨
Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoです。^^

ムスメっこに「部活で使う楽器がほしいなぁ~」とうっすら言われたんだけど、お値段を聞いたら21万だって(°д°)(新品価格・ネット調べ)

楽器は高いですよねぇ。
初心者向けのエレクトーンは確か24万でした。
上級者向けになると軽自動車が買えるお値段です。

中古が見つかればいいんですけどね~。
カスタネットとかピアニカにならんだろうか?(笑)

*

お財布にもなる小型のがま口ポーチ*2006年リバティ

先日試作してみた、内側にもうひとつ小さながま口が入ったがま口ポーチ。
なかなかかわいくできました。

制作過程は↓こちら。

お財布にもなる小型の親子がま口ポーチを作ってみた
お財布にもなる小型の親子がま口ポーチを作ってみた*その2
お財布にもなる小型の親子がま口ポーチ*素材を変えてみる

*

「バッグと一緒に持ち歩いていただけたら」というのが私の思いなので、最初はバッグとお揃いになるものを作ろうと思います。(もちろん、単体でもOKです!笑)

まずは↓こちら♪
スカイブルーの色がさわやかな『アンティークティッキングの長財布が入るショルダーバッグ*スカイブルー』

img_9814.jpg

「このブルーに合う布は・・・」と探し出したのは、こちらのリバティ。
2006年モノです(笑)
木苺っぽい柄がかわいいです。

img_9953.jpg

裁断。

img_9974.jpg

ひたすらチョキチョキ裁断。

img_9956.jpg

縫います。

img_9976.jpg

最近、夕方のNHKで数年前の朝ドラ『カーネーション』の再放送をやっているので、録画して翌日の昼食時にもぐもぐしながら見ています。

昭和初期の話でまだミシンがめずらしい時代。
主人公の糸子がお使い先でたまたま目にしたミシン(足踏みミシン)にひとめぼれして、「ここで仕事がしたい!」と女学校も辞めてしまいます。

ミシンが使いたくて就職したのに下働きばかりでなかなか触らせてもらえず・・・という状態。
当時はなかなか手に入らなかったもの、使うことすらできなかったものが、今自分の手元にある奇跡に感謝しながら、毎日ミシンの前にいます。^^

中身完成☆

img_9978.jpg

かわいくなりそうです。^^

*

今日のゆず店長

お風呂場の窓から外を見るのが大好きな店長。
くつろいでます(笑)

3ad2b95c-f040-47f7-b7db-907353b9b63f.jpg

*
*

今日も読んでくださってありがとうございます!
アンティークレースのハンドメイドバッグと雑貨
Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoでした♪

***** ↓↓↓1日1回クリックして応援してね♪ *****

***** 今日は何位かな~??(*゚∀゚人゚∀゚*) *****

●Orange Pekoeの作品が購入できます! WEB SHOPはコチラ→ Creema(クリーマ)minne(ミンネ)
●Orange Pekoeの作品を手にされたお客さまの声はコチラ



毎週水曜日のお昼にメールマガジンを配信中☆
楽しくてお得な情報をお知らせいたします♪
メルマガ会員さまのみの特典も!(*´∀`)

* * *

LINEでお話ししましょう☆(*´∀`)
タイムラインや1:1のトークでコメントくださいねっ♪

↓↓↓スマホでブログをご覧の方はコチラ
友だち追加数

↓↓↓パソコンでブログをご覧の方は、下のリンク先からQRコードを読み取ってくださいねっ!
http://orangepekoelace.com/?page_id=683

ご登録お待ちしてまーす♪

ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »