エクリュ色のショルダーバッグを制作中*1800年代後期の布

2018-01-15 | Posted in 制作日記, 素材の話Comments Closed 

こんにちは☆
アンティークレースのハンドメイドバッグと雑貨
Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoです。^^

ムスメが願書を持って帰ってきました。
公立と私立分です。

受験料振込用紙も同封されているので見ると「公立2200円」
「え?安っ!(°д°)」

んじゃ、私立は5~6千円ってところ?
「私立17000円」
「うわ!高っ!(°д°)」

一度に二度、驚かされました。
また諭吉先生とお別れです(笑)

*

エクリュ色のショルダーバッグを制作中*1800年代後期の布

1年を通してお使いいただける、『通年カラー』のショルダーバッグが新しく登場します。

↓こちらがその3色。
黒・エクリュ(生成り)・グレージュです。

img_8588.jpg

あれこれ説明しながら作ってますので、もしも途中からでしたらこちら↓もどうぞ。^^

バッグに使う布のお話
バッグに使う接着芯についてのお話

*

さて。

「下準備はブログの写真的にもかなり地味なんだけど、とっても大切なのよ」と書いてきましたが、いよいよ「おー、オレンジペコさんだ!」と思っていただけるような作業です。

じゃーん。
アンティークレースを配置していきます~( ´∀`)←自分も楽しい。

img_8631.jpg

今回のポイントは、真ん中に配置するお花の布。
1800年代後期の大変美しいコットンクロスです。

仕入れ先から聞いた話では、「フランスのブロカントマダム曰く、『この花柄タイプの布は滅多に見つからないもの』だそうで。
お花の模様は、スタンプ押しで柄付けされたものとのこと」だそうです。

1800年代後期といえば、日本で言えば幕末(1853年 – 1868年)から明治(1868年 – 1912年)にかけての時代です。

1866年(慶応2年) 薩長同盟
1867年(慶応3年) 大政奉還・王政復古
1868年(慶応4年/明治元年) 9月、改元(1月1日に遡って適用)。
1868年(慶応4年) 戊辰戦争

そして、フランスで言うとナポレオン3世あたりの時代です。

1853年 クリミア戦争(ナイチンゲールが「クリミアの天使」とも呼ばれた)
1871年 普仏戦争終結(フランスの敗北によりナポレオン3世が失脚)
1887年 エッフェル塔の建設が始まる
1889年 エッフェル塔一般公開

『アンティーク』と名のつくものは、大体100年以上前のものと考えられていますが、改めて歴史と重ねてみるとすごいなぁ・・・と感じます。
このかわいい布は、坂本竜馬や西郷隆盛、ナポレオン3世やナイチンゲールと同じ時代に生まれたんですもんね~。。( ´∀`)

*

今回、エクリュ色のショルダーバッグにこの貴重な布を使いますが、他の形のバッグも作る予定です。
もちろん、お花の布の在庫はあまりありませんので、「気になる!」とおっしゃる方はブログのチェックをお忘れなく☆

*

今日のゆず店長

上から見た店長。
いつもよりも小さく見える??(笑)

img_8637.jpg

*
*

今日も読んでくださってありがとうございます!
アンティークレースのハンドメイドバッグと雑貨
Orange Pekoe(オレンジペコ)のchirikoでした♪

***** ↓↓↓1日1回クリックして応援してね♪ *****

***** 今日は何位かな~??(*゚∀゚人゚∀゚*) *****

●Orange Pekoeの作品が購入できます! WEB SHOPはコチラ→ Creema(クリーマ)minne(ミンネ)
●Orange Pekoeの作品を手にされたお客さまの声はコチラ



毎週水曜日のお昼にメールマガジンを配信中☆
楽しくてお得な情報をお知らせいたします♪
メルマガ会員さまのみの特典も!(*´∀`)

* * *

LINEでお話ししましょう☆(*´∀`)
タイムラインや1:1のトークでコメントくださいねっ♪

↓↓↓スマホでブログをご覧の方はコチラ
友だち追加数

↓↓↓パソコンでブログをご覧の方は、下のリンク先からQRコードを読み取ってくださいねっ!
http://orangepekoelace.com/?page_id=683

ご登録お待ちしてまーす♪

ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »